ロストワックス工程
弊社のロストワックス方式精密鋳造品は、仕様書・金型の作成から鋳込・仕上げ・検査に至るまで、社内一貫体制で取り組み、製品の均一クオリティ化・低コスト化に取り組んでいます。
ロストワックスとは、ワックス(ロウ)の性質である比較的低温で溶けることを利用した鋳造法です。金型にワックスを注入し、高精度な模型を作成し、それを基にした鋳型に金属を流し込みます。つまり、ステンレス・鉄・銅・アルミなど材質に関係なく、複雑な形状でも柔軟に対応できるのです。

お客さまとのお打ち合わせにより、製品の機能上最も適した無駄のない設計が可能となり、軽量化、合理化が計れます。

一貫した自社製作により、金型コストの引き下げが可能。設計変更への対応も素早く有利に進められます。


金型にワックスを注入し、製品と相似形で、膨張・収縮量を加味した寸法のワックス模型を作ります。
インジェクションの動画を再生する

湯口棒にワックス模型を樹木状に接合し、組み立てます。
ツリーの組立の動画を再生する


ツリーに耐火材の被覆、乾燥を数回(約7回)繰り返し、コーティング層を厚くします。
コーティングの動画を再生する

ツリーを加圧・加熱し、ワックスを溶かし出します。残された耐火材が鋳型となります。このロウが溶け出すさまから“ロストワックス”という製法が命名されました。


脱ロウ後、更に焼きかため、鋳型に強度を与えます。

焼成工程にて強度を増した鋳型に溶解した金属を流し込みます。
鋳込の動画を再生する


鋳型を壊し、中からツリー状の製品を取り出します。
型ばらしの動画を再生する

ツリーから製品を1つ1つ切り離します。
カッティングの動画を再生する


歪み取り、機械的性質の向上のため、材料に応じた熱処理を行います。

湯口仕上げ、矯正にて曲がり直し後、サンドブラストにて全体を仕上げます。


外観寸法検査の他、用途により成分分析、X線検査等、厳しい検査体制で品質の向上に努力しています。

必要に応じて、機械加工、表面処理等の2次加工を行います。






ロストワックスの製造工程を実際に見学してみませんか?
弊社では工場見学を受け付けております。見学についての詳しい情報は下記バナーよりご覧いただけます。見学のご相談・ご予約はホームページからのお問い合わせ、または弊社までお気軽にお電話ください。皆様のご来社を心よりお待ちしております。
ロストワックスの製造工程の見学について